債券って何?

国債とは国の経済も関係してくるので、とっても重要なんですよ。購入しておくことで、その国の経済環境もわかるので一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

最近色んな所で耳にする機会も増えてきた言葉に債券があります。
債券とは一体なんなのでしょうか?

債券とは国が、地方自治体が、企業が、それぞれ投資家から資金を集める時に発行する証券の事を言います。
証券は借金証書と言った方が分かり易いのではないでしょうか。
これらの借金にはあらかじめ支払いをお子ヌあ金利や期間がが設けられており、債券の購入した投資家に定期的に金利を受け渡すことになります。

そして国が発行する債券の事を国債と言います。

国債は政府機関が発行する債券と地方自治体が発行する地方債が存在しています。これらをまとめて公債とも呼びます。
この国債は債券と呼ばれる有価証券の中でも国が発行するので、その信頼度はとても高い物です。
そしてこれは国の借金として考えられますが、商品とも考えられるのです。
何故ならこの国債を企業投資家や個人投資家に購入して貰うことで、そこから生まれた資金で公共事業や税金の補てんを行う事が出来るからです。

しかしこれは国の都合の部分です。
では個人でこの債券を購入する人、また企業や団体が購入する場合にはどんなメリットとデメリットが生まれるでしょうか。
ここではその詳しい内容について紹介していきます。